このエントリーをはてなブックマークに追加

4.1.1. Aeolus

4.1.1.1. 概要

AWSとOpenStackなどクラウドを複数同時に利用している場合に管理するのに便利なソフトウェアです。

4.1.1.2. インストール

#  curl -o /etc/yum.repos.d/rhel-aeolus-testing.repo \
   http://repos.fedorapeople.org/repos/aeolus/conductor/testing/rhel-aeolus-testing.repo
# rpm -i http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-6.noarch.rpm
# yum install -y rubygems
# yum install -y aeolus-all

4.1.1.3. 設定

アイオロスの初期設定を行います。
# aeolus-configure -p ec2,mock
iptablesの設定を行います。
# sed -i '10a-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 443 -j ACCEPT' /etc/sysconfig/iptables
# service iptables restart

4.1.1.4. ログイン

へ接続します。ユーザ名、パスワードは以下です。
Username: admin
Password: password

目次

前のトピックへ

4. CentOS6.3

次のトピックへ

4.1.2. oz

このページ