このエントリーをはてなブックマークに追加

4.1.5. VirtualBox

4.1.5.1. 概要

VirtulBoxは、オラクルが開発を行なっている仮想環境を構築するツールです。
64bitのゲストなどを作成、利用する場合は仮想化支援機構(VT)を有効化する必要があります。
VagrantというVirtualBoxを利用するツールにも利用されています。

4.1.5.2. インストール

4.1.5.2.1. VirtualBoxを利用するユーザの追加

# groupadd admin
# useradd -d /home/admin -m -g admin -s /bin/bash admin
# echo password | passwd --stdin admin

4.1.5.2.2. Virtualboxのインストール

# yum groupinstall 'Development Tools' -y
# rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-1.el6.rf.x86_64.rpm
# yum install SDL kernel-devel kernel-headers dkms -y
# cd /usr/local/src
# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian/oracle_vbox.asc
# rpm --import oracle_vbox.asc
# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/rpm/rhel/virtualbox.repo -P /etc/yum.repos.d
# yum install VirtualBox-4.1
# service vboxdrv setup
# usermod -G vboxusers admin

4.1.5.2.3. VirtualBox拡張パックのインストール

# cd /usr/local/src
# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/4.1.8/Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-4.1.8.vbox-extpack
# VBoxManage extpack install Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-4.1.8.vbox-extpack

4.1.5.2.4. VirtualBoxの利用

Ubuntu12.04(64bit)の仮想マシンを作成します。
Vagrantというツールを利用したほうが簡単です。
# su - admin
$ VBoxManage createvm --name "precise_001" --register
$ VBoxManage modifyvm "precise_001" --memory 512 --acpi on --boot1 dvd --nic1 bridged --bridgeadapter1 eth0
$ VBoxManage createhd --filename precise_001.vdi --size 20000
$ VBoxManage storagectl "precise_001" --name "IDE Controller" --add ide
$ VBoxManage storageattach "precise_001" --storagectl "IDE Controller" --port 0 --device 0 --type hdd --medium precise_001.vdi
$ wget http://www.ubuntu.com/start-download?distro=server&bits=64&release=lts
$ VBoxManage modifyvm "precise_001" --ostype Ubuntu_64
$ VBoxManage storageattach "precise_001" --storagectl "IDE Controller" --port 1 --device 0 --type dvddrive --medium ./ubuntu-12.04.1-server-amd64.iso
$ VBoxHeadless --startvm "precise_001"
後は、Windowsのリモートデスクトップなどで接続してインストールを続行しましょう。
ポート3389をiptablesで開放する必要があるかもしれません。

4.1.5.3. Vagrantの利用

VagrantはRubyを利用しているのでRubyもインストールします。
VirtualBoxが何か遅いので途中までしか記述していません。

4.1.5.3.1. インストール

# yum install ruby rubygems ruby-devel -y
# gem install vagrant

4.1.5.3.2. ひな形の準備

利用できるOSは Vagrantbox.ex で確認できます。
ここでは、上記から確認したUbuntu12.04のひな形を用意します。
# vagrant box add precise32 http://files.vagrantup.com/precise32.box

4.1.5.3.3. 仮想マシンの作成

最初にコンフィグファイルを配置するディレクトリと設定ファイルの初期化を行います。

# mkdir -p vagrant/precise
# cd vagrant/precise
# vagrant init