このエントリーをはてなブックマークに追加

4.1.1. nova-manageコマンド

Openstackのコマンドは数多く有ります。
このページは nova-manage のコマンドについて記述します。
nova コマンドもありますがこちらは主に管理に関するコマンドです。
環境変数の設定は必要ありません。
基本的に nova-manage コマンドは、 sudo を利用したり root で実行します。

4.1.1.1. コマンドオプション

オプション 概要
-h, –help ヘルプを表示します。
–version バージョンを表示します。 表示されませんけど。。
–debug, -d デバッグレベルで表示します。
–nodebug デバッグレベルで表示しません。
–verbose, -v 詳細に表示します。
–noverbose 詳細に表示しません。
–use-syslog ログをシスログに出力します。
–nouse-syslog ログをしすログに出力しません。
–config-file PATH コンフィグファイルを指定します。
–log-config PATH ログ出力用のコンフィグファイルを指定します。
–log-format FORMAT ログフォーマット用のコンフィグファイルを指定します。
–log-date-format DATE_FORMAT 日付フォーマットを指定します。
–log-file PATH, –logfile PATH ログファイルを指定します。
–log-dir LOG_DIR, –logdir LOG_DIR ログディレクトリを指定します。
–syslog-log-facility SYSLOG_LOG_FACILITY シスログのファシリティを指定します。
–config-dir DIR コンフィグのディレクトリを指定します。

4.1.1.2. バージョン関連

Openstackのバージョンが表示されます。
Diablo とか Essex とかは表示されません。
コマンド 概要 備考
nova-manage version novaのバージョンを表示す  

4.1.1.2.1. コマンド実行例

2013.1

4.1.1.3. 補完関連

nova-manageのコマンド保管が表示されます。
間違ってもusageで表示されますのであまり意味はないかもしれません。
コマンド 概要 備考
nova-manage bash-completion [補完対象を指定] novaのコマンドを補完を表示する 対象は以下です。 version,bash-completion,project,account,shell,logs,service,db,vm,agent,cell,instance_type,host,flavor,fixed,vpn,floating,network

4.1.1.3.1. コマンド実行例

$ sudo nova-manage bash-completion network
create delete list modify

4.1.1.4. プロジェクト関連

プロジェクトに関するコマンドです。
Keystone でプロジェクト(テナント)を設定するので使用することはありません。
コマンド 概要 備考
nova-manage project quota
–project=<Project name>
–key=<key>
–value=<value>
プロジェクトのクオータを設定する  
nova-manage project scrub
–project=<Project name>
プロジェクトの設定をスクラブする  

4.1.1.5. アカウント関連

アカウントに関するコマンドです。 Keystone でアカウント管理するためあまり使うことはありません。

コマンド 動作 備考
nova-manage account quota
–project=<Project name>
–key=<key>
–value=<value>
アカウントのクオータを設定する  
nova-manage account scrub
–project=<Project name>
アカウントのスクラブを行う  

4.1.1.6. シェル関連

nova-manageを対話的に利用するためのコマンドです。

コマンド 動作 備考
nova-manage shell bpython bpythonによるシェルを起動する  
nova-manage shell ipython ipythonによるシェルを起動する  
nova-manage shell python pythonによるシェルを起動する  
nova-manage shell run pythonによるシェルを起動する  
nova-manage shell script [path] スクリプトを実行する 対話シェルを実行せず直接実行します

4.1.1.6.1. コマンド実行例

$ sudo nova-manage shell python
Python 2.7.3 (default, Mar  8 2013, 06:59:43)
[GCC 4.7.2] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
(InteractiveConsole)
>>> from nova import version
>>> version.version_string()
'2013.1'

上記をスクリプトにして実行してみます。

$ vi nova_version.py
from nova import version
print version.version_string()


$ sudo nova-manage shell script nova_version.py
2013.1

4.1.1.7. ログ関連

ログに関するコマンドです。
Openstackはログが非常に多いですのでいちいち一つずつ見るとなると時間がかかります。
地味に便利なコマンドかもしれません。
コマンド 概要 備考
nova-manage logs errors novaに関するエラーを表示する  
nova-manage logs syslog novaに関するシスログを表示する  

4.1.1.7.1. コマンド実行例

$ sudo nova-manage logs errors
/var/log/nova/nova-cert.log:-
Line 10 : 2013-03-17 18:55:22.437 ERROR nova.openstack.common.rpc.common [req-9a9a51cb-1831-42ab-bb32-5b2950643130 None None] AMQP server on stack01:5672 is unreachable: [Errno 111] ECONNREFUSED. Trying again in 1 seconds.
/var/log/nova/nova-network.log:-
Line 4 : 2013-03-17 18:52:42.062 18424 ERROR nova.openstack.common.rpc.common [-] AMQP server on localhost:5672 is unreachable: Socket closed. Trying again in 1 seconds.
/var/log/nova/nova-conductor.log:-
Line 2 : 2013-03-17 18:52:40.865 ERROR nova.openstack.common.rpc.common [req-b29b1760-1568-4901-b8fd-cf3617fd1387 None None] AMQP server on localhost:5672 is unreachable: Socket closed. Trying again in 1 seconds.
/var/log/nova/nova-console.log:-
Line 2 : 2013-03-17 18:52:41.128 18343 ERROR nova.openstack.common.rpc.common [-] AMQP server on localhost:5672 is unreachable: Socket closed. Trying again in 1 seconds.
/var/log/nova/nova-compute.log:-
Line 79 : 2013-03-17 18:55:22.165 ERROR nova.openstack.common.rpc.common [req-e6504ccd-90d6-4212-b37a-e939408c58f0 None None] AMQP server on stack01:5672 is unreachable: [Errno 111] ECONNREFUSED. Trying again in 3 seconds.
$ sudo nova-manage logs syslog
Last 10 nova syslog entries:-
Mar 17 19:40:23 stack01 dnsmasq-dhcp[2668]: read /var/lib/nova/networks/nova-br100.conf

4.1.1.8. サービス関連

サービスがEnable、Disableもしくはプロセスが起動中、停止中なのかを確認したりするコマンドです。
list コマンドはよく利用しますので覚えておきましょう。
コマンド 概要 備考
nova-manage service describe_resource
–host=<host>
hostに関するnovaの情報(CPU、メモリ、ディスク、インスタンス)を表示する ホスト指定がIPアドレスだとバグるみたいです。
nova-manage service disable
–host=<host>
–service=<service>
サービスを停止する(プロセス自体は停止しない)  
nova-manage service enable | –host=<host> | –service=<service> サービスを起動する(プロセスは起動している必要がある)  
nova-manage service list サービスの状態を表示する  

4.1.1.8.1. コマンド実行例

ホストstack01のリソースを確認します。
$ sudo nova-manage service describe_resource --host=stack01
2013-03-17 20:37:29.529 INFO nova.openstack.common.rpc.common [req-4abda7eb-19e0-49d5-921b-2f6f0cd93250 None None] Connected to AMQP server on stack01:5672
HOST                              PROJECT     cpu mem(mb)     hdd
stack01         (total)                         1    2003      69
stack01         (used_now)                      1    1024       0
stack01         (used_max)                      1     512       0
stack01                  51e0036313ee4bd1806ecb0647f8a8d5       1     512       0
ホストstack02のnova-computeをDisableにします。プロセス停止ではありません。
$ sudo nova-manage service list --host=stack02
Binary           Host                                 Zone             Status     State Updated_At
nova-compute     stack02                              nova             enabled    :-)   2013-03-17 11:41:25
nova-network     stack02                              internal         enabled    :-)   2013-03-17 11:41:23
$ sudo nova-manage service disable --host=stack02 --service=nova-compute
$ sudo nova-manage service list --host stack02
Binary           Host                                 Zone             Status     State Updated_At
nova-compute     stack02                              nova             disabled   :-)   2013-03-17 11:42:49
nova-network     stack02                              internal         enabled    :-)   2013-03-17 11:42:44
ホストstack02のnova-computeをEnableにします。プロセス起動ではありません。
$ sudo nova-manage service enable --host=stack02 --service=nova-compute
Binary           Host                                 Zone             Status     State Updated_At
nova-compute     stack02                              nova             enabled    :-)   2013-03-17 11:45:36
nova-network     stack02                              internal         enabled    :-)   2013-03-17 11:45:34

4.1.1.9. DB関連

novaのDB関連のコマンドです。
DB同期(db sync)はインストール時に必ず必要になる作業です。
最初しか利用しないかもしれません。
コマンド 概要 備考
nova-manage db archive_deleted_rows nova.confの設定でデータベース同期を行う  
nova-manage db sync nova.confの設定でデータベース同期を行う  
nova-manage db version 現在のnovaのバージョンを表示する  

4.1.1.9.1. コマンド実行例

同期はインストール時などだけなのでバージョン確認だけ行なってみます。
$ sudo nova-manage db version
158

4.1.1.10. 仮想マシン関連

実行している仮想マシンを表示します。
nova list のほうが綺麗に表示されるのですがこちらの方はゾーンの情報や flavor も表示されます。
コマンド 概要 備考
nova-manage vm list
–host=<host>
仮想マシンを表示する  

4.1.1.10.1. コマンド実行例

stack01で起動している仮想マシンを表示する。

$ sudo nova-manage vm list --host stack01
instance   node            type       state      launched                   image     kernel    ramdisk    project    user       zone       index
dd-4ff6565d-d800-4c3b-b323-6c5421b318bf stack01         m1.tiny    active     2013-03-17 10:40:28        a409e331-e51a-44de-a5ef-46969348ceb6 813cd038-b0bd-4e13-8481-ffb5821a03b0 6c413a77-708a-4558-95d5-65fa3f0e26f4 51e0036313ee4bd1806ecb0647f8a8d5 81533f7955db41a9bf2718b14f606be6 None       0

4.1.1.11. エージェント関連

エージェントに関するコマンドです。

コマンド 動作 備考
nova-manage agent create エージェントを作成する  
nova-manage agent delete エージェントを削除する  
nova-manage agent list エージェントを表示する  
nova-manage agent modify エージェントの情報を更新する  

4.1.1.12. セル関連

セルはゾーンを置き換えるものです。
コマンド 動作 備考
nova-manage cell create セルを作成する  
nova-manage cell delete セルを削除する  
nova-manage cell list セルを表示する  

4.1.1.12.1. コマンド実行例

セルを作成します。

$ sudo nova-manage cell create --name=cell1 --cell_type=child --username=cell1_user --password=cell1_passwd --hostname=10.0.1.10 --port=5673 --virtual_host=cell1_vhost --woffset=1.0 --wscale=1.0
$ sudo nova-manage cell list
 Id  Name        Type    Username    Hostname         Port   VHost
---  ----------  ------  ----------  ---------------  -----  ----------
  1  cell1       child   cell1_user  10.0.1.10        5673   cell1_vhost
---  ----------  ------  ----------  ---------------  -----  ----------

4.1.1.13. インスタンス関連

インスタンスに関するコマンドです。
FLAVORコマンドと同義?どちらかが消えるのかもしれませんがまだ残っていやがります。
オプションも同じなので flavor のほうを参照してください。
コマンド 概要 備考
nova-manage instance_type create    
nova-manage instance_type delete    
nova-manage instance_type list flavorを表示する(nova flavor-list) nova flavor-list でもプロジェクト単位であれば同じ実行結果が出力されますしみやすいです。
nova-manage instance_type set_key キーをセットする  
nova-manage instance_type unset_key キーをセットする  

4.1.1.14. ホスト関連

ホストに関するコマンドです。
ComputeNodeなどサーバの台数が多くなれば必要になるコマンドかもしれません。
コマンド 概要 備考
nova-manage host list novaのサービスを提供しているホストを表示する  

4.1.1.14.1. コマンド実行例

stack01にもzone novaはあるはずなんですけど表示されません。

$ sudo nova-manage host list
host                            zone
stack01                         internal
stack02                         nova

4.1.1.15. FLAVOR関連

作成するインスタンスのCPUやメモリの大きさなどを設定しておくコマンドです。
デフォルトでいくつか設定されていますがそれが気に入らない場合は作成する必要があります。
FLAVORの作成方法は覺えておいたほうがいいのかもしれません。
コマンド 概要 備考
nova-manage flavor create
–name=<name>
–memory=<memory size>
–cpu=<num cores>
–root_gb=<root_gb>
–ephemeral_gb=<ephemeral_gb>
–flavor=<flavor id>
–swap=<swap>
flavorを作成する
作成するインスタンスの種類みたいなものです。
CPU数、メモリ量、ROOT領域、外部ディスク、SWAP領域を指定したものを作成しておきます。
Ephemeralは仮想マシンへの追加ディスクです。
/dev/vdbが追加されます。
SWAPは基本設定のものは0になっています。
nova-manage flavor delete
–name=<name>
flavorを削除する  
nova-manage flavor list flavor一覧を表示する nova flavor-list でプロジェクト単位ですが、同様のものが表示されます。
nova-manage flavor set_key キーをセットする  
nova-manage flavor unset_key キーをアンセットする  

4.1.1.15.1. コマンド実行例

どんなFLAVORがあるのか確認します。

m1.medium: Memory: 4096MB, VCPUS: 2, Root: 40GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 3, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
m1.large: Memory: 8192MB, VCPUS: 4, Root: 80GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 4, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
m1.tiny: Memory: 512MB, VCPUS: 1, Root: 0GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 1, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
m1.xlarge: Memory: 16384MB, VCPUS: 8, Root: 160GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 5, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
m1.small: Memory: 2048MB, VCPUS: 1, Root: 20GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 2, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
少し気に入らないので追加します。
名前はhagix9、メモリは2G、フレーバーIDは55、ルートパーティションは25G、追加ディスクが10Gのものを作成します。
$ sudo nova-manage flavor create --name=hagix9 --cpu=1 --memory=2048 --flavor=55 --root_gb=25 --ephemeral_gb=10

再度確認します。

m1.medium: Memory: 4096MB, VCPUS: 2, Root: 40GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 3, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
hagix9: Memory: 2048MB, VCPUS: 1, Root: 25GB, Ephemeral: 10Gb, FlavorID: 55, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
m1.small: Memory: 2048MB, VCPUS: 1, Root: 20GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 2, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
m1.large: Memory: 8192MB, VCPUS: 4, Root: 80GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 4, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
m1.tiny: Memory: 512MB, VCPUS: 1, Root: 0GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 1, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}
m1.xlarge: Memory: 16384MB, VCPUS: 8, Root: 160GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 5, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0, public, ExtraSpecs {}

4.1.1.16. FIXED関連

内部IPアドレスに関するコマンドです。
コマンド 概要  
nova-manage fixed list 内部IPアドレス一覧を表示する  
nova-manage fixed reserve
–address=<ip address>
内部IPアドレスを予約する
次回インスタンス作成時の内部IPアドレスを指定します。
指定しないと余っている内部アドレスのうち若番から自動的にふられます。
と思ったのですが思った通りの動作にならないです。
nova-manage fixed unreserve
–address=<ip address>
内部IPアドレスを予約を解除する  

4.1.1.16.1. コマンド実行例

まず、現状の内部IPを確認します。
fixed_range=10.0.0.0/24 で設定していますが、127までしか表示されません。
ちょっと128以上インスタンスを作成していないので挙動はわからないです。
また予約されたものでブートされると思いましたがそうでもないです。。
$ sudo nova-manage fixed list
network                 IP address      hostname        host
10.0.0.0/25             10.0.0.0        None            None
10.0.0.0/25             10.0.0.1        None            None

------ 省略 -----

10.0.0.0/25             10.0.0.126      None            None
10.0.0.0/25             10.0.0.127      None            None
次にインスタンスを起動する場合のための内部IPを予約する。
予約されたIPを確認する方法がわかりません。。
$ sudo nova-manage fixed reserve --address=10.0.0.25

インスタンスを起動してみます。

$ nova boot --flavor 1 --image a409e331-e51a-44de-a5ef-46969348ceb6 tty_01 --key_name mykey
$ nova list
+--------------------------------------+--------+--------+------------------------+
| ID                                   | Name   | Status | Networks               |
+--------------------------------------+--------+--------+------------------------+
| 2b7543f3-27cf-4558-8c41-06828179e832 | tty_01 | ACTIVE | nova_network1=10.0.0.2 |
+--------------------------------------+--------+--------+------------------------+

うーむー10.0.0.25がなぜ振られないの。

4.1.1.17. VPN関連

VPNに関するコマンドです。

コマンド 概要 備考
nova-manage vpn change
–project=<Project name>
–ip=<IP Address>
–port=<Port>
VPNの設定変更を行う  

4.1.1.18. フローティングIP(外部向けIPアドレス)関連

フローティングIPに関するコマンドです。
フローティングIPは外部へサービスを提供する場合に必要になります。
コマンド 概要 備考
nova-manage floating address_to_hosts フローティングIPをホストにひもづける?  
nova-manage floating create
–ip_range=<range>
–pool=<pool>
–interface=<interface>
フローティングIPを作成する  
nova-manage floating delete
–ip_range=<range>
フローティングIPを削除します。  
nova-manage floating list 現在設定されているフローティングIP(外部向けIPアドレス)を表示する

4.1.1.18.1. コマンド実行例

フローティングIPを設定します。

$ sudo nova-manage floating create --ip_range=192.168.10.112/28
$ sudo nova-manage floating list
None    192.168.122.113 None    nova    br100
None    192.168.122.114 None    nova    br100
None    192.168.122.115 None    nova    br100
None    192.168.122.116 None    nova    br100
None    192.168.122.117 None    nova    br100
None    192.168.122.118 None    nova    br100
None    192.168.122.119 None    nova    br100
None    192.168.122.120 None    nova    br100
None    192.168.122.121 None    nova    br100
None    192.168.122.122 None    nova    br100
None    192.168.122.123 None    nova    br100
None    192.168.122.124 None    nova    br100
None    192.168.122.125 None    nova    br100
None    192.168.122.126 None    nova    br100

4.1.1.19. ネットワーク関連

ネットワークに関するコマンドです。
create のオプションがマトモに出力されないのでどういったものが作成されるのかはソースを見る必要があります。何でやねん。
Diabloからずっとバグってる気が。。
コマンド 概要 備考
nova-manage network create
–label=<label_name>
–fixed_range_v4=<ip_address_range>
–fixed_range_v6=<ipv6_address_range>
–bridge_interface=<bridge_interface_name>
インスタンスへ提供するネットワークを作成する オプションが表示されないのでわかっているものだけ記述しています。
nova-manage network delete <ip_address_range> ネットワークを削除する ラベルも設定したのに削除するのに指定するのはレンジだけです。色々謎です。
nova-manage network list 設定されている内部ネットワークを表示する  
nova-manage modify 設定されている内部ネットワークを変更する  

4.1.1.19.1. コマンド実行例

内部ネットワークを作成します。
$ sudo nova-manage network create \
--label nova_network1        \
--fixed_range_v4=10.0.0.0/25 \
--bridge_interface=eth0      \
--multi_host=T
$ sudo nova-manage network list
id      IPv4                    IPv6            start address   DNS1            DNS2            VlanID          project         uuid
1       10.0.0.0/25             None            10.0.0.2        8.8.4.4         None            None            None            4b58e7be-9176-4718-855c-360be0ee603b

4.1.1.20. コマンド実行例

上記に記述して有りますがよく使うものだけ再度記述しています。

4.1.1.20.1. Flavorを作成

デフォルトの状態で気に入るFlavorがない場合は追加する必要があります。

最初の状態

$ sudo nova-manage flavor list
m1.medium: Memory: 4096MB, VCPUS: 2, Root: 10GB, Ephemeral: 40Gb, FlavorID: 3, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.large: Memory: 8192MB, VCPUS: 4, Root: 10GB, Ephemeral: 80Gb, FlavorID: 4, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.tiny: Memory: 512MB, VCPUS: 1, Root: 0GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 1, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.xlarge: Memory: 16384MB, VCPUS: 8, Root: 10GB, Ephemeral: 160Gb, FlavorID: 5, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.small: Memory: 2048MB, VCPUS: 1, Root: 10GB, Ephemeral: 20Gb, FlavorID: 2, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0

flavorを追加

$ sudo nova-manage flavor create --name=test --memory=256 --cpu=1 --root_gb=7 --ephemeral_gb=4 --flavor=6 --swap=1024

確認

$ nova-manage flavor list
m1.medium: Memory: 4096MB, VCPUS: 2, Root: 10GB, Ephemeral: 40Gb, FlavorID: 3, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.large: Memory: 8192MB, VCPUS: 4, Root: 10GB, Ephemeral: 80Gb, FlavorID: 4, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
test: Memory: 256MB, VCPUS: 1, Root: 7GB, Ephemeral: 4Gb, FlavorID: 6, Swap: 1024MB, RXTX Factor: 1.0
m1.tiny: Memory: 512MB, VCPUS: 1, Root: 0GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 1, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.small: Memory: 2048MB, VCPUS: 1, Root: 10GB, Ephemeral: 20Gb, FlavorID: 2, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0

削除

$ sudo nova-manage flavor delete --name=test

削除後の確認

$ sudo nova-manage flavor list
m1.medium: Memory: 4096MB, VCPUS: 2, Root: 10GB, Ephemeral: 40Gb, FlavorID: 3, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.large: Memory: 8192MB, VCPUS: 4, Root: 10GB, Ephemeral: 80Gb, FlavorID: 4, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.tiny: Memory: 512MB, VCPUS: 1, Root: 0GB, Ephemeral: 0Gb, FlavorID: 1, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.xlarge: Memory: 16384MB, VCPUS: 8, Root: 10GB, Ephemeral: 160Gb, FlavorID: 5, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0
m1.small: Memory: 2048MB, VCPUS: 1, Root: 10GB, Ephemeral: 20Gb, FlavorID: 2, Swap: 0MB, RXTX Factor: 1.0

4.1.1.20.2. 内部ネットワークの作成

インスタンスが利用する内部ネットワークを作成します。

$ sudo nova-manage network create --label nova_network1 --fixed_range_v4=10.0.0.0/24 --bridge_interface=eth0

確認

$ nova-manage network list
id      IPv4                    IPv6            start address   DNS1            DNS2            VlanID          project         uuid
1       10.0.0.0/24             None            10.0.0.2        8.8.4.4         None            None            None            ed96358a-a1c6-4837-ba12-59b60d7d419f

4.1.1.20.3. フローティングIPレンジの作成

インスタンスのサービスへ外部から接続するにはフローティングIPが必要になります。
またフローティングIPを付与するためには先にどのIPレンジを付与するか先に設定しておく必要があります。
そのために以下のコマンドでフローてイングIPのレンジを設定します。
$ sudo nova-manage floating create --pool=nova --ip_range=192.168.10.128/28

確認

$ sudo nova-manage floating list
None    192.168.10.113  None    nova    eth0
None    192.168.10.114  None    nova    eth0
None    192.168.10.115  None    nova    eth0
None    192.168.10.116  None    nova    eth0
None    192.168.10.117  None    nova    eth0
None    192.168.10.118  None    nova    eth0
None    192.168.10.119  None    nova    eth0
None    192.168.10.120  None    nova    eth0
None    192.168.10.121  None    nova    eth0
None    192.168.10.122  None    nova    eth0
None    192.168.10.123  None    nova    eth0
None    192.168.10.124  None    nova    eth0
None    192.168.10.125  None    nova    eth0
None    192.168.10.126  None    nova    eth0