このエントリーをはてなブックマークに追加

1.3.6. OpenstackのComputeNodeを構成するコンポーネントの起動

OpenstackのComputeNodeを利用するためのコンポーネントを起動します。プロセスは nova-api , nova-network , nova-compute の3つです。

1.3.6.1. NovaCompute

管理サーバ同様もし起動しなければグループの設定を行ったのに元に戻ってるとかの理由です。

$ sudo useradd nova -m -d /var/lib/nova -s /bin/bash
$ sudo usermod -G stack nova
$ sudo usermod -G libvirtd nova

1.3.6.1.1. NovaCompute

起動スクリプトを作成します。

$ cat << 'NOVA_COMPUTE_INIT' | sudo tee /etc/init/nova-compute.conf > /dev/null
description "Nova compute worker"
author "Soren Hansen <soren@linux2go.dk>"

start on (filesystem and net-device-up IFACE!=lo)
stop on runlevel [016]


chdir /var/run

pre-start script
       mkdir -p /var/run/nova
       chown nova:root /var/run/nova/
        chmod 775 /var/run/nova/

       mkdir -p /var/lock/nova
       chown nova:root /var/lock/nova/
        chmod 775 /var/run/nova/

       modprobe nbd
end script

exec su -c "nova-compute --flagfile=/etc/nova/nova.conf --flagfile=/etc/nova/nova-compute.conf" nova
NOVA_COMPUTE_INIT

1.3.6.1.2. ComputeNodeのプロセス起動

$ start nova-compute

追加したら管理サーバでもComputeNodeでもいいので以下のコマンドで追加されたか確認します。問題なければ追加したホスト名が追加されているはずです。

$ sudo nova-manage service list

ComputeNodeの追加は以上です。