このエントリーをはてなブックマークに追加

5.3.2. OpenStackコンポーネント連携パッケージのインストール

OpenStackのコンポーネント間で連携するためのパッケージをインストールします。
ComputeノードはControllerノードへ接続するためのパッケージだけ必要になります。

5.3.2.1. 仮想化関連パッケージのインストール

KVMを利用するためKVMを利用するためのパッケージをインストールします。
またiscsiを利用するためのパッケージもインストールしておきます。
$ sudo apt-get install -y open-iscsi open-iscsi-utils kvm kvm-ipxe \
                          libvirt-bin bridge-utils python-libvirt

ここまでで、コンポーネント間連携などに必要なパッケージのインストールは終了です。

目次

前のトピックへ

5.3.1. Openstackインストール前のOS設定

次のトピックへ

5.3.3. Cloud compute (Nova)のインストール

このページ