このエントリーをはてなブックマークに追加

Dashboard (Horizon)のインストール

Horizonのインストールを行います。インストールしなくてもOpenStackは利用可能です。
しかし、仮想マシンを起動するエンドユーザがOpenStackのコマンドを覚えたりする必要があります。
利便性を考えるとブラウザ経由でOpenStackを利用できたほうが良いでしょう。

Horizonのインストール

HorizonのインストールはCentOSと違いパッケージだけで問題ありません。
$ sudo apt-get install -y openstack-dashboard libapache2-mod-wsgi

Horizonの設定

バックアップして設定変更します。
Horizonの起動するサーバの変更とローカルキャッシュをmemcachedを利用する設定にします。
ホスト名はstack01になっていますので注意して下さい。
また、データベースの設定も適切なものに設定して下さい。
$ cp -a /etc/openstack-dashboard/local_settings.py /etc/openstack-dashboard/local_settings.py_bak
$ sudo sed -i "s#127.0.0.1#stack01#" /etc/openstack-dashboard/local_settings.py
$ sudo sed -i "s#locmem://#memcached://stack01:11211#g" /etc/openstack-dashboard/local_settings.py
$ cat << HORIZON_SETUP | sudo tee -a /etc/openstack-dashboard/local_settings.py > /dev/null
DATABASES = {
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.mysql',
        'NAME': 'horizon',
        'USER': 'horizon',
        'PASSWORD': 'password',
        'HOST': 'stack01',
        'default-character-set': 'utf8'
    }
}
HORIZON_CONFIG = {
    'dashboards': ('nova', 'syspanel', 'settings',),
    'default_dashboard': 'nova',
    'user_home': 'openstack_dashboard.views.user_home',
}
SESSION_ENGINE = 'django.contrib.sessions.backends.cached_db'
HORIZON_SETUP

データベースの作成

Horizonが利用するデータベースを作成します。
Horizonのデータベースを設定するためのユーザ、パスワードはMySQLをインストールした時のものですので注意して下さい。
データベース名horizon、ユーザ名horizon、パスワードはpasswordとしているため適切なものへ変更してください。
ホスト名も同様にstack01としていますので変更が必要であればおこなって下さい。
$ mysql -u root -pnova -e "grant all privileges on horizon.* to 'horizon'@'%' identified by 'password';"
$ mysql -u root -pnova -e "grant all privileges on horizon.* to 'horizon'@'localhost' identified by 'password';"
$ mysql -u root -pnova -e "grant all privileges on horizon.* to 'horizon'@'stack01' identified by 'password';"
$ cd /usr/share/openstack-dashboard && ./manage.py syncdb
Horizonから起動したインスタンスへブラウザ経由でログイン出来るのですがスクロールバーが出て来て最下行がそのままだと見えませんので修正します。
$ sudo sed -i 's/430/441/' /usr/share/pyshared/horizon/dashboards/nova/templates/nova/instances_and_volumes/instances/_detail_vnc.html

Apacheの再起動及び自動起動の設定

設定変更を行ったのでApacheを再起動しておきます。自動起動の設定も行います。

$ service apache2 restart
$ chkconfig httpd on
以上で、Horizonのインストールは終了です。
ここまででインストール作業は終了したので次から実際にOpenStackを利用してみましょう。

目次

このページ