このエントリーをはてなブックマークに追加

3.2.7. Dashboard (Horizon)のインストール

Horizonのインストールを行います。インストールしなくてもOpenStackは利用可能です。
しかし、仮想マシンを起動するエンドユーザがOpenStackのコマンドを覚えたりする必要があります。
利便性を考えるとブラウザ経由でOpenStackを利用できたほうが良いでしょう。

3.2.7.1. Horizonのインストール

# yum install openstack-dashboard openstack-nova-novncproxy -y

3.2.7.2. noVNCの起動及び自動起動の設定

noVNCを起動します。

# service openstack-nova-novncproxy start
# chkconfig openstack-nova-novncproxy on

3.2.7.3. iptablesの設定及び再起動

iptablesの設定が必要な場合です。
iptablesにMySQL(3306)、noVNC(6080)、Apache(443,80)、Glance(9292)、Memcached(11211)、Qpid(5672)のポート開放を設定します。
# sed -i '10a-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 11211 -j ACCEPT' /etc/sysconfig/iptables
# sed -i '10a-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 9292 -j ACCEPT' /etc/sysconfig/iptables
# sed -i '10a-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 6080 -j ACCEPT' /etc/sysconfig/iptables
# sed -i '10a-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5672 -j ACCEPT' /etc/sysconfig/iptables
# sed -i '10a-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 3306 -j ACCEPT' /etc/sysconfig/iptables
# sed -i '10a-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 443 -j ACCEPT' /etc/sysconfig/iptables
# sed -i '10a-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT' /etc/sysconfig/iptables
# service iptables restart

3.2.7.4. Apacheの再起動及び自動起動の設定

設定変更を行ったのでApacheとNoVNCProxyを再起動しておきます。自動起動の設定も行います。

# service httpd restart
# service openstack-nova-novncproxy restart
# chkconfig httpd on
# chkconfig openstack-nova-novncproxy on
以上で、Horizonのインストールは終了です。
ここまででインストール作業は終了したので次から実際にOpenStackを利用してみましょう。