このエントリーをはてなブックマークに追加

2.2.7. Dashboard (Horizon)のインストール

Horizonのインストールを行います。インストールしなくてもOpenStackは利用可能です。
しかし、仮想マシンを起動するエンドユーザがOpenStackのコマンドを覚えたりする必要があります。
利便性を考えるとブラウザ経由でOpenStackを利用できたほうが良いでしょう。

2.2.7.1. Horizonのダウンロード

Horizonのソースをダウンロードします。
ダウンロードしたバージョンはMasterになっているためバージョンはGrizzlyにします。

2.2.7.1.1. Horizonのソースをダウンロード

$ sudo git clone https://github.com/openstack/horizon.git /opt/horizon

2.2.7.1.2. HorizonのバージョンをGrizzlyに固定

$ cd /opt/horizon ; sudo git checkout -b grizzly origin/stable/grizzly

2.2.7.2. Horizonのインストール

依存関係はpipで行いますす。
$ sudo pip install -r /opt/horizon/tools/pip-requires
$ cd /opt/horizon && sudo python setup.py install

2.2.7.3. Horizonの設定

Horizonの起動するサーバの変更とローカルキャッシュをmemcachedを利用する設定にします。
ホスト名はstack01になっていますので注意して下さい。
また、データベースの設定も適切なものに設定して下さい。
$ NOVA_CONTOLLER_HOSTNAME=stack01
$ sudo cp -a /opt/horizon/openstack_dashboard/local/local_settings.py.example /opt/horizon/openstack_dashboard/local/local_settings.py
$ sudo sed -i "s#'django.core.cache.backends.locmem.LocMemCache'#'django.core.cache.backends.memcached.MemcachedCache',#" /opt/horizon/openstack_dashboard/local/local_settings.py
$ sudo sed -i "78a\        'LOCATION' : '127.0.0.1:11211'" /opt/horizon/openstack_dashboard/local/local_settings.py
$ sudo sed -i "s#127.0.0.1#$NOVA_CONTOLLER_HOSTNAME#" /opt/horizon/openstack_dashboard/local/local_settings.py

2.2.7.3.1. Apacheの設定

パッケージだと自動的におこなってくれますがソースからの場合は手動で行う必要がありますので行います。
またFolsomからは Node.js に依存するようになったためインストールしておきます。
$ sudo apt-get install nodejs -y
$ sudo mkdir -p /opt/horizon/.blackhole
$ sudo mkdir /opt/horizon/static
$ sudo chown www-data:www-data /opt/horizon/static
$ sudo cp -a /etc/apache2/sites-available/default /etc/apache2/sites-available/default_orig
$ cat << 'APACHE_SETUP' | sudo tee /etc/apache2/sites-available/default > /dev/null
<VirtualHost *:80>
    WSGIScriptAlias / /opt/horizon/openstack_dashboard/wsgi/django.wsgi
    WSGIDaemonProcess horizon user=www-data group=www-data processes=3 threads=10 home=/opt/horizon
    WSGIApplicationGroup %{GLOBAL}

    SetEnv APACHE_RUN_USER www-data
    SetEnv APACHE_RUN_GROUP www-data
    WSGIProcessGroup horizon

    DocumentRoot /opt/horizon/.blackhole
    Alias /media /opt/horizon/openstack_dashboard/static/


    <Directory />
        Options FollowSymLinks
        AllowOverride None
    </Directory>

    <Directory /opt/horizon/>
        Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
        AllowOverride None
        Order allow,deny
        allow from all
    </Directory>
    ErrorLog /var/log/apache2/horizon_error.log
    LogLevel warn
    CustomLog /var/log/apache2/horizon_access.log combined
</VirtualHost>

WSGISocketPrefix /var/run/apache2
APACHE_SETUP

2.2.7.3.2. noVNCのインストール*

GUIによるコンソール接続を行うためにnoVNCをインストールします。
起動スクリプトはnova側で用意されているのでバイナリを配置するだけです。
ただし参照先が無いためにリンクを貼る必要があります。
$ sudo git clone git://github.com/kanaka/noVNC.git /opt/noVNC
$ sudo ln -s /opt/noVNC /usr/share/novnc

設定が終了したのでApacheを再起動します。

$ sudo service apache2 restart
以上で、Horizonのインストールは終了です。
ここまででインストール作業は終了したので次から実際にOpenStackを利用してみましょう。