このエントリーをはてなブックマークに追加

5.2.2. OpenStackコンポーネント連携パッケージのインストール

OpenStackのコンポーネント間で連携するためのパッケージをインストールします。
Suse Enterprise LinuxとSuse Cloudのリポジトリはローカルに追加しました。

5.2.2.1. MySQL、memcachedのインストール

データベースとデータベースの負荷軽減の為のmemcachedをインストールします。
パスワードはnovaにしました。
# zypper refresh
# zypper install -y mysql-community-server mysql-community-server-client memcached
# mysql_install_db
# mkdir /var/log/mysql ; chown mysql:mysql /var/log/mysql -R
# chown mysql:mysql /var/lib/mysql -R
# cd /usr ; /usr/bin/mysqld_safe &
# mysql_secure_installation
# mysqladmin shutdown -uroot -pnova
# vi /etc/systemd/system/mysql.service
[Unit]
Description=MySQL database server
After=syslog.target
After=network.target

[Service]
User=mysql
Group=mysql

ExecStartPre=/bin/mkdir -p /var/run/mysql
ExecStartPre=/bin/chown mysql:mysql /var/run/mysql
ExecStart=/usr/sbin/mysqld --pid-file=/var/run/mysql/mysqld.pid
ExecStop=/bin/kill -15 $MAINPID
PIDFile=/var/run/mysqld/mysqld.pid

# We rely on systemd, not mysqld_safe, to restart mysqld if it dies
Restart=always

# Place temp files in a secure directory, not /tmp
PrivateTmp=true

[Install]
WantedBy=multi-user.target
あと、/var/run/mysqlが作成されるようにしておきます。
startスクリプトより前だったら大丈夫でしょう。
# vi /etc/init.d/mysql
mkdir -p /var/run/mysql
chown mysql:mysql /var/run/mysql

MYSQLの起動

# systemctl enable mysql.service
# service mysql start
# chkconfig mysql on

5.2.2.1.1. MySQLの起動及びパスワード設定

ここではホスト名を stack01 、パスワードを nova としていますが適切なものを設定するようにして下さい。
# mysql -uroot -pnova -e "set password for root@localhost=password('nova');"
# mysql -uroot -pnova -e "set password for root@127.0.0.1=password('nova');"
# mysql -uroot -pnova -e "grant all privileges on *.* to root@stack01 identified by 'nova' with grant option;"

5.2.2.1.2. memcachedの起動と自動起動設定

memcachedを起動してOS起動時にも自動的に起動するようにしておきます。
# service memcached start
# chkconfig memcached on

5.2.2.1.3. RabbitMQの設定

RabbitMQの設定を行います。
リポジトリを追加して行います。
デフォルトではゲストユーザを利用されますがここではnovaユーザに変更します。
パスワードはpasswordにしていますが適切なものを設定して下さい。
# rpm --import http://download.opensuse.org/repositories/isv:/B1-Systems:/OpenStack:/tools:/rabbitmq/openSUSE_12.1/repodata/repomd.xml.key
# zypper ar http://download.opensuse.org/repositories/isv:/B1-Systems:/OpenStack:/tools:/rabbitmq/openSUSE_12.1/isv:B1-Systems:OpenStack:tools:rabbitmq.repo
# zypper refresh
# zypper install -y rabbitmq-server
# chkconfig rabbitmq-server on
# service rabbitmq-server start
# RABBIT_PASS=password
# rabbitmqctl add_vhost /nova
# rabbitmqctl add_user nova $RABBIT_PASS
# rabbitmqctl set_permissions -p /nova nova ".*" ".*" ".*"
# rabbitmqctl delete_user guest

5.2.2.2. 仮想化関連パッケージのインストール

KVMを利用するためKVMを利用するためのパッケージをインストールします。
またiscsiを利用するためのパッケージもインストールしておきます。
iscsiターゲットは nova のインストール時に依存関係でインストールされます。
RHEL6.3では avahi をインストールして再起動しないと libvirtd が起動しませんでしたので気をつけましょう。
インストール後サービスを起動しておきます。
# zypper install -y yast2-iscsi-client open-iscsi kvm libvirt bridge-utils libvirt-python
# service libvirtd start

ここまでで、コンポーネント間連携などに必要なパッケージのインストールは終了です。