このエントリーをはてなブックマークに追加

5.2.4. Image delivery and registration (Glance)のインストール

Image delivery and registrationのコード名はGlanceです。
Glanceは仮想マシンのイメージの管理を行うコンポーネントです。
仮想マシンの起動イメージをどのバックエンドストレージに配置するか、そして設定したバックエンドストレージのダウンロード、アップロード、削除などを行います。
バックエンドストレージはローカルディスク、S3、Swiftが利用可能です。
また、GlusterFSと組み合わせても高可用性を実現出来ます。
ここでは、ローカルディスクを利用します。

5.2.4.1. Glanceのインストール

Glanceもパッケージからのインストールであれば簡単に行えます。

# zypper install -y openstack-glance openstack-glance-api openstack-glance-cache openstack-glance-doc openstack-glance-registry openstack-glance-scrubber

5.2.4.2. Glanceの設定

元のディレクトリをバックアップしておきます。

# cp -a /etc/glance /etc/glance_orig
Glanceは認証なしでも動作は出来ますがKeystone連携を行うための設定を行います。
GlanceのコンフィグはAPI、Registry、Cache、Scrubberの4つがありますがAPI、Registryの設定を行います。
具体的には、glance-api-paste.ini glance-api.conf glance-registry-paste.ini glance-registry.conf の4つのコンフィグを変更します。
ホスト名はインストールを行なっているホスト名、テナント名、ユーザ名、パスワードはKeystoneで設定したものを設定して下さい。
ここではサンプルシェルを利用したものを設定しています。

5.2.4.2.1. glance-api-paste.ini,glance-registry-paste.iniの設定

どちらのコンフィグも同じ設定で差分も同じです。
[filter:authtoken]の項目を変更します。

変更前

[filter:authtoken]
paste.filter_factory = keystone.middleware.auth_token:filter_factory
service_protocol = http
service_host = 127.0.0.1
service_port = 5000
auth_host = 127.0.0.1
auth_port = 35357
auth_protocol = http
auth_uri = http://127.0.0.1:5000/
admin_tenant_name = %SERVICE_TENANT_NAME%
admin_user = %SERVICE_USER%
admin_password = %SERVICE_PASSWORD%

変更後

[filter:authtoken]
paste.filter_factory = keystone.middleware.auth_token:filter_factory
service_protocol = http
service_host = stack01
service_port = 5000
auth_host = stack01
auth_port = 35357
auth_protocol = http
auth_uri = http://stack01:5000/
admin_tenant_name = admin
admin_user = admin
admin_password = password

差分はglance-api-paste.iniもglance-registry-paste.iniも同じです。

# diff glance_orig/glance-api-paste.ini glance/glance-api-paste.ini
68c68
< service_host = 127.0.0.1
---
> service_host = stack01
70c70
< auth_host = 127.0.0.1
---
> auth_host = stack01
73,76c73,76
< auth_uri = http://127.0.0.1:5000/
< admin_tenant_name = %SERVICE_TENANT_NAME%
< admin_user = %SERVICE_USER%
< admin_password = %SERVICE_PASSWORD%
---
> auth_uri = http://stack01:5000/
> admin_tenant_name = admin
> admin_user = admin
> admin_password = password

5.2.4.2.2. glance-api.conf,glance-registry.confの設定

Keystone連携を行うための設定を最終行に追加します。
また、複数サーバ構築時のためにホスト名も変更しておきます。

どちらのコンフィグにも以下の2行を最下行に追加します。

[paste_deploy]
flavor = keystone
glance-registry.confはデータベースへの接続先が記述されていますので変更します。
24行目です。ホスト名、パスワードは適切なものを設定して下さい。

変更前

sql_connection = mysql://glance:glance@localhost/glance

変更後

sql_connection = mysql://glance:password@stack01/glance

また、ホスト名を変更しておきます。こちらもホスト名は適切なもので設定して下さい。

# sed -i "s#127.0.0.1#stack01#" /etc/glance/glance-api.conf
# sed -i "s#127.0.0.1#stack01#" /etc/glance/glance-registry.conf

glance-api.confの差分

# diff glance_orig/glance-api.conf glance/glance-api.conf
140,141c140,141
< # For swauth, use something like '127.0.0.1:8080/v1.0/'
< swift_store_auth_address = 127.0.0.1:35357/v2.0/
---
> # For swauth, use something like 'stack01:8080/v1.0/'
> swift_store_auth_address = stack01:35357/v2.0/
184c184
< s3_store_host = 127.0.0.1:8080/v1.0/
---
> s3_store_host = stack01:8080/v1.0/
242a243,245
>
> [paste_deploy]
> flavor = keystone

glance-registry.confの差分

24c24
< sql_connection = mysql://glance:glance@localhost/glance
---
> sql_connection = mysql://glance:password@stack01/glance
61a62,64
>
> [paste_deploy]
> flavor = keystone

5.2.4.3. データベースの作成

Glanceが利用するデータベースを作成します。
データベース名glance、ユーザ名glance、パスワードはpasswordとしているため適切なものへ変更してください。
# NOVA_CONTOLLER_HOSTNAME=stack01
# MYSQL_PASS_GLANCE=password
# mysql -u root -pnova -e "create database glance;"
# mysql -u root -pnova -e "grant all privileges on glance.* to 'glance'@'%' identified by '$MYSQL_PASS_GLANCE';"
# mysql -u root -pnova -e "grant all privileges on glance.* to 'glance'@'localhost' identified by '$MYSQL_PASS_GLANCE';"
# mysql -u root -pnova -e "grant all privileges on glance.* to 'glance'@'$NOVA_CONTOLLER_HOSTNAME' identified by '$MYSQL_PASS_GLANCE';"
# glance-manage db_sync

5.2.4.4. プロセスの起動

Glanceのプロセスを起動します。root権限でファイルが作成されている時があるので対処しています。

# chown glance:glance /var/log/glance -R
for i in api registry
do
  service openstack-glance-$i restart
done
# for i in api registry
do
  chkconfig openstack-glance-$i on
done

5.2.4.5. イメージの登録

独自イメージの作成方法及びoz-installを利用するものについては別途記述します。
ここでは予め作成されているfedora16を登録します。

5.2.4.5.1. 環境変数の設定

イメージを登録する際にはKeystoneと同じくオプションを設定する必要があります。
Keystoneで利用したものが利用できますので読み込んでおきましょう。
# export OS_USERNAME=admin
# export OS_PASSWORD=password
# export OS_TENANT_NAME=admin
# export OS_AUTH_URL=http://localhost:5000/v2.0/

5.2.4.5.2. Fedora16のイメージの登録

イメージの置き場所は/opt/virtとします。

ファイルのダウンロード

# mkdir -p /opt/virt/fedora16 ; cd /opt/virt/fedora16
# wget http://berrange.fedorapeople.org/images/2012-02-29/f16-x86_64-openstack-sda.qcow2

マシンイメージの登録

# glance add name=f16-jeos is_public=true disk_format=qcow2 container_format=ovf < f16-x86_64-openstack-sda.qcow2

5.2.4.5.3. イメージの登録確認

作業によりイメージが問題なく登録されたかを確認します。

# glance index
以上でGlanceの設定及びイメージのアップロードは終わりです。
何も設定していないためGlanceはバックエンドストレージはローカルストレージを利用しています。
Swiftなどをバックエンドにする方法は後で記述します。