このエントリーをはてなブックマークに追加

6.3.1. Openstackインストール前のOS設定

6.3.1.1. OSのインストール

OSは、CentOS6.2をインストールします。
IPアドレスなどは自分の環境にあわせてください。
但し固定にしておいたほうがトラブルが少なくなります。
ネストのKVMで行う場合で更にNATを利用する場合はホストとなるKVMの仮想マシンの設定でipforwardの設定を仮想マシンに入れておけば外部に出て行くことが可能です。
NATで行った場合はOpenStackによるipv4forwardの設定をうまくおこなってくれない場合もありますのでその場合はipforward設定が必要になります。
通常は問題ないでしょう。
インストールはminimalで問題ありません。他に必要なものは後からインストールを行います。
また、インストール後はホスト名、IPアドレスの固定化を行って置きましょう。

6.3.1.1.1. IPアドレスの固定化

ブリッジの設定は Openstack がよろしくやってくれますのでIPアドレスの固定化だけおこなっておきます。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="static"
BROADCAST="192.168.10.255"
DNS1="192.168.10.1"
GATEWAY="192.168.10.1"
#HWADDR="52:54:00:87:E4:60"
IPADDR="192.168.10.60"
NETMASK="255.255.255.0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
TYPE="Ethernet"

6.3.1.1.2. HOSTSの設定

Ipv6部分は必要ないので削除もしくはコメントアウトしておきます。

# vi /etc/hosts

127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
#::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

192.168.10.60 stack01

6.3.1.1.3. Ipv6の無効化

Ipv6は利用しないので無効化しておきます。

# sh -c "echo 'options ipv6 disable=1' >> /etc/modprobe.d/disable-ipv6.conf"

6.3.1.1.4. SELinuxの無効化

SELinuxを有効にするのはOpenStackが動作した後でよいでしょう。
再起動するのであればsetenforceは必要ありません。
# cp -a /etc/selinux/config /etc/selinux/config_bak
# sed -i 's#SELINUX=enforcing#SELINUX=disabled#' /etc/selinux/config
# setenforce 0

6.3.1.1.5. OSのアップデート

OSを最新化しておきます。

# yum update -y
# yum upgrade -y

6.3.1.1.6. 共通パッケージのインストール

ControleNodeでもComputeNodeでもどちらでも必要になる最低限のパッケージをインストールしておきます。

# yum install -y ntp man wget openssh-clients
# service ntpd start
# chkconfig ntpd on

6.3.1.1.7. 再起動

IPアドレスの固定化などを行ったのでOSを再起動しておきます。

# reboot

Openstackインストール前のOS設定は終了です。