このエントリーをはてなブックマークに追加

ucarp

概要

ucarpは、IPアドレスの自動フェイルオーバーを行うソフトウェアでHeartbeatの簡易版みたいなものです。OpenBSD由来のソフトウェアです。
Heartbeatで出来るような複雑なことが必要なければインストールもすぐ終わるのでちょっと仮想IPのフェールオーバとか実験したい場合は凄い便利です。
3台以上も可能だと思いますが実験はしていません。

インストール

仮想IPを共有するサーバ2台ともにインストールします。

# apt-get install ucarp -y

設定

設定は、NICの設定に追加します。
ucarp-master の部分だけマスターとスレーブでyesかnoの違いがあります。

ノード1

# vi /etc/network/interfaces

iface eth0 inet static
       address 192.168.10.30
       netmask 255.255.255.0
       network 192.168.10.0
       broadcast 192.168.10.255
       gateway 192.168.10.1
       dns-nameservers 192.168.10.1

       ucarp-vid 1
       ucarp-vip 192.168.10.20
       ucarp-password secret
       ucarp-advskew 0
       ucarp-advbase 1
       ucarp-facility local1
       ucarp-master yes
       ucarp-upscript /usr/share/ucarp/vip-up
       ucarp-downscript /usr/share/ucarp/vip-down

       iface eth0:ucarp inet static
       address 192.168.10.20
       netmask 255.255.255.0

ノード2

# vi /etc/network/interfaces

iface eth0 inet static
       address 192.168.10.31
       netmask 255.255.255.0
       network 192.168.10.0
       broadcast 192.168.10.255
       gateway 192.168.10.1
       dns-nameservers 192.168.10.1

       ucarp-vid 1
       ucarp-vip 192.168.10.20
       ucarp-password secret
       ucarp-advskew 0
       ucarp-advbase 1
       ucarp-facility local1
       ucarp-master no
       ucarp-upscript /usr/share/ucarp/vip-up
       ucarp-downscript /usr/share/ucarp/vip-down

       iface eth0:ucarp inet static
       address 192.168.10.20
       netmask 255.255.255.0
VIPだけ共有するのであれば設定は以上です。サービスを再起動すれば仮想IPが利用できるようになっています。
仮想IPの遷移に伴いプロセスの起動・停止も行いたい場合は、ucarp-upscript ucarp-downscript に記述しておけば記述通りにに動きます。

目次

このページ